椎間板変性症の治療-DST法【2019年9月10日治療症例①】

70代 女性

問合せ内容

44年前に交通事故に合って身体を壊してしまい、L2/3 L3/4がほぼ無い状態です。

また、L4/5とL5/Sが変性しており、腰痛ベルトを2本~3本使用してなんとか歩行している状態です。

足先が冷たく、腰の激痛もあり、なんとか疼痛の緩和がされればと思っております。

画像診断結果

主訴 

腰背部及び左下肢全体の疼痛

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性と椎間板ヘルニア及びLCSを認める。

椎間板治療としてはDST法が適応になるが、有効率は73-80%前後と考える。

ただ、L2/3は治療困難となる可能性もある。

病名:椎間板変性症

治療方法

DST法 4箇所

椎間板損傷画像