椎間板変性症の治療-DST法【2019年7月6日治療症例③】

30代 男性

問合せ内容

腰痛で、L4/L5L5/S1のヘルニアと診断。坐骨神経痛(両足の裏まで)。

10年前に左足の突っ張りでブロック注射をしていた。その数年後は腰痛が再発。7~8年前はレーザー治療を、5~6年前はMED手術をしたが、両法治療後は改善なし。

画像診断結果

主訴

腰背部から両坐骨神経領域の疼痛としびれ。

所見

L4/5 L5/S椎間板変性と椎間板ヘルニア。

DST適応であり、有効率は78%と考える。

主病名:椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 2箇所 

患者様の声

診察時はこと細かに先生から説明があり、とてもわかりやすかったです。 また、スタッフの方もとても親切な方ばかりで安心して治療を受けることができました。