椎間板変性症の治療-DST法【2019年6月25日治療症例③】

30代 男性

問合せ内容

突然左足にしびれが出始めて、その何日後にお尻と腰も痛くなった。

現在症状が強くなっている。

何分か歩いたり、立ったりすると左脚にしびれが出始めて、お尻からふくらはぎの外側も痛くなる。

しゃがんだらすぐよくなる。横になるとき時々痛みも感じるが強くない。

画像診断結果

主訴

2014125日 左下肢のしびれあり、その後坐骨神経領域の疼痛。

間欠性跛行が続いている状態。

所見

L4/5 L5/S椎間板変性と椎間板ヘルニアを認めます。

椎間孔領域でのヘルニアであり神経根に炎症が及んでいる状態と推定されます。

椎間板治療としてはDSTが適応になりますが、有効率は78%前後と考えます。

主病名:椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 2箇所 


椎間板損傷画像