椎間板変性症の治療-DST法【2019年5月31日治療症例①】

30代 男性

問合せ内容

他院で椎間板ヘルニアと診断。

日常生活の動きは問題ない。野球・ゴルフをした後に腰におもだるさ・痺れがでる。

23日くらい続くことが多い。

画像診断結果

主訴

腰背部から左坐骨神経領域の鈍痛。

所見

L4/5 L/S椎間板変性と軽度椎間板ヘルニアを認める。

DST適応であり、DST+PIDDとなる可能性もあり。

主病名:椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 2箇所 

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧