椎間板変性症の治療-DST法【2019年5月14日治療症例②】

40代 男性

問合せ内容

2年前から腰が痛くなり始めて、歩くとき左足が痛くて、しびれも感じる。

座るとき症状がない。間欠性跛行あり。

画像診断結果

主訴

左大腿神経領域のしびれが主体。

所見

L4/5 L5/S椎間板変性と椎間板ヘルニア。

L4/5では椎体骨終板炎を認めます。

腰痛特化型リハビリ(最低3日間 可能であれば1週間)+椎間板治療(造影検査が必要ですがおそらくDST)をお勧めします。

有効率は73-75%前後と考えます。そのほかの対策としては外科的手術も適応と考えます。

主病名:椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 2箇所

椎間板損傷画像