椎間板変性症の治療-DST法【2019年4月29日治療症例②】

70代 男性

問合せ内容

23年前から腰が痛い。マラソンに参加している。今回4月のボストンマラソン大会に参加する予定なので、それ終わったら治療したい。

画像診断結果

主訴

腰背部痛が主体。

所見

L5/S椎間板変性と椎体骨終板炎を認めます。L5すべり症もあります。マラソンをされるこ

とで症状は悪化します。また椎間板治療としてはDSTが適応となり有効率は80%と考えます。

マラソンをすることも可能ではありますがL5/S椎間板が潰れている状態であり穿刺針が通過しない可能性もあり、その場合治療が困難となります。

主病名:椎間板変性症

治療方法

DST 1箇所

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧