椎間板変性症の治療-DST法【2019年4月27日治療症例②】

70代 男性

問合せ内容

45年前と3年前にヘルニアの手術をしたが現在、坐骨神経痛、足裏の痺れがあり内服もしている。

画像診断結果

主訴

右の腰部・殿部痛。45年前と3年前にヘルニアで手術歴有り。

最近、手術で有名な先生の病院を受診したが、現時点では手術適応では無いと言われた。

悪くなったら手術すると言われたが、悪くならないようにしたい。

ゴルフなどの運動はしている。最近、腹筋運動などしすぎたからか、右の坐骨神経痛出現

し、ブロック注射打ってもらい、鎮痛剤飲んでいる

所見

Th12/L1L3/4,4/5,5/Sの椎間板変性あり、軽度椎間板ヘルニア有り。

L3/4,L4/5は椎間孔軽度狭窄有り。

主病名:椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 3箇所

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧