椎間板変性症の治療-DST法【2019年3月23日治療症例①】

60代 男性

問合せ内容

20年前にPLDDを受けている。最近マッサージにて腰がおかしくなり、知人の整形外科医からL5/Sの変形があると言われた。
イスに座ると痛み、両足のつま先と土踏まずの部分が痛む。

画像診断結果

主訴
腰背部痛があり、長時間の座位で腰痛が出るのが一番の問題とのこと。
足底部の疼痛も自覚されている状態。
所見
L5/S高度椎間板変性と椎体骨終板炎を認めます。
椎間板治療としてはDSTが適応になり、有効率は80%前後と見込みます。

主病名:椎間板変性症 椎体骨終板炎

治療方法

DST 1箇所

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧