慢性的な腰痛に悩む60代男性の椎間板変性症の治療-DST法

60代 男性 

問合せ内容

30年前から慢性的に痛い。具体的な治療はしていない。動いているときに息苦しい感じがある。

画像診断結果

腰背部の鈍痛が主体。 起床時長時間の座位で増悪。
L1/2 l2/3L5/S 椎間板変性を認め、3カ所のDST適応。
腰痛に対しては80%の有効率と考える。

診断結果

主病名:椎間板変性症

治療方法

DST 5箇所

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧