• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 外科的手術を検討していた60代男性の椎間板ヘルニアの治療-PLDD法/DST法

外科的手術を検討していた60代男性の椎間板ヘルニアの治療-PLDD法/DST法

60代 男性

問合せ内容

10年以上腰の痛みと足の痺れに悩まされており、何とか助けて頂きたいと思っております。

他院では椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症と診断され、外科的治療を提案されておりますが、

仕事の都合や身体への影響などを考慮すると、日帰りで治療できる当院の治療法は非常に

有難いと考えますので、可能であれば最短での治療を検討しております。

画像診断結果

主訴 

腰背部痛および両坐骨神経領域の疼痛としびれ。

12年ほど前の左下肢のしびれが発症し、本年3月に左右の下肢症状が出現している。

所見

L4/5 L5/S 椎間板変性と椎間板ヘルニアを認めます。

椎間板治療としては、L4/5に対してはPLDD法・L5/Sに対してはDST法が適応となるが

有効率は73-80%前後と考えます。

病名:椎間板ヘルニア

PLDD法 1箇所/DST法 1箇所

治療中の画像

DST法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧