椎間板ヘルニアの治療-PLDD法【2019年4月23日治療症例②】

50代 男性

問合せ内容

椎間板ヘルニアと診断され、右の腰、太ももの裏、ふくらはぎ、足の甲に痛みがある。又、足の人差し指・中指の裏がしびれている。
しびれと痛みを治したい。

画像診断結果

主訴
右坐骨神経領域の疼痛が、10年前よりあし昨年より両足指にシビレを自覚。
半年ほど前より増悪。
他院にて滑り症 LCSの診断がある状態。
所見
L4/5 L5/S 椎間板変性症+LCSの合併を認める。
特にL5/S脱出型ヘルニアが主因と判断する。
L5/S PLDD適応である。

主病名:脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

PLDD 1箇所

椎間板損傷画像