• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 保存治療でも改善に至らなかった60代男性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

保存治療でも改善に至らなかった60代男性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

60代 男性

問合せ内容

10年ほど前から腰痛で悩み、5年程前から走ると腰に強い痛みを感じる様になりました。

また、草刈りなど前屈すると強い腰痛が発生します。

多くの医療機関で診てもらいましたが、異常ないとの事で保存治療を受けた程度ですが

症状改善も進まない為、当院で診て頂き、治療等が必要でしたら検討したく思います。

画像診断結果

主訴 

腰背部痛。10年前より症状があったが5年前より症状が増悪。

所見

L1/2 L2/3 椎間板変性と椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となるが、有効率は80%前後と考えます。

病名:椎間板ヘルニア

DST法 3箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧