外科的手術後に再発した30代男性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

30代 男性

問合せ内容

20162月にL4/5椎間板ヘルニアと診断され、20176LOVE法を施行。

足のしびれは改善しましたが、腰の痛みは改善がない状態でしたので、2019

11月に再診察したところ、以前治療したL4/5椎間板ヘルニアが再発しているが

手術する程では無いと言われております。

治療法等を詳しく伺った上で、椎間板治療も検討したく考えております。

画像診断結果

主訴 

腰背部から臀部にかけての疼痛。2017年ヘルニア摘出術を施行されている。

所見

L4/5 椎間板変性と膨隆型ヘルニアを認めます。

椎間板容量がL3/4よりも減少している状態であり、線維輪損傷が疑われる為、

椎間板治療としてはDST法が適応と考えます。

有効率は腰痛に対して80%前後と考えます。

病名:椎間板ヘルニア

DST法 1箇所

治療中の画像

DST法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧