椎間板ヘルニアの治療-DST法【2020年1月27日治療症例①】

40代 女性

問合せ内容

3ヶ月ほど前より腰に鈍痛が発生するようになり、次第に左足の裏や指先にも

しびれが出るようになりました。

現在は長時間立てないほど症状が強くなっており、外科的手術以外の治療法で

早めに治療したいと考えております。

画像診断結果

主訴 

腰背部疼痛。3ヶ月前より出現。1ヶ月前より左足底部のしびれも出現

所見

L5/S椎間板変性と椎間板ヘルニアを認めます。

椎間板容量は約50%程度の減少を認めており繊維輪損傷が疑われる状態です。

椎間板治療としてはDST法が適応となるが、有効率は腰痛に対しては80%前後・

下肢の神経障害に対しては75%前後と考えます。

病名:椎間板ヘルニア

DST法 1箇所

治療中の画像

DST法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧