• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 保存治療でも改善に至らなかった50代男性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

保存治療でも改善に至らなかった50代男性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

50代 男性 

問合せ内容

ペインクリニックで神経ブロック注射を行っているが悪化する一方。

画像診断結果

両坐骨神経領域のシビレが持続している。
ペインコントロール中である。
  L4/5滑り症 L2/3 L3/4 L4/5椎間板変性と椎間板ヘルニアを認め、DST適応である。
有効率は73%と考える。

主病名:腰椎椎間板ヘルニア 椎間板変性症 腰椎すべり症

治療方法

DST 3箇所

DST法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧