• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 慢性的な腰背部痛に悩まされている60代男性の椎間板変性症の治療-DST法

慢性的な腰背部痛に悩まされている60代男性の椎間板変性症の治療-DST法

60代 男性

問合せ内容

30年ほど前より椎間板ヘルニアと言われており、一昨年には急な激しい腰痛にて

緊急入院した事もあります。

今迄は慢性的な腰痛にもリハビリ・内服薬などにて上手く付き合ってきましたが

最近は就寝中に突然の左足の痛みにより眠れなくなったり、激しい腰痛も頻繁に

発生する事が増えている為、当院の日帰り治療を検討しております。

画像診断結果

主訴

腰背部痛。左大腿前面の神経障害性疼痛。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は75%前後と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 4箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧