• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 強い臀部痛と右足のしびれに悩む60代男性の椎間板変性症の治療-DST法

強い臀部痛と右足のしびれに悩む60代男性の椎間板変性症の治療-DST法

60代 男性

問合せ内容

若い頃より長時間の立位で腰痛が出ておりましたが、10年前に腰から右足にかけた

激痛で入院して以降、臀部痛と右足のしびれが出ている状態です。

また、2ヶ月ほど前より左足にも痛みが出るようになった為、他院を受診したところ

脊柱管狭窄症と診断され、治療としては外科的手術が必要と言われております。

外科的手術は避けたいので、当院での診断にて治療も検討したいと考えております。

画像診断結果

主訴

左臀部痛および右下肢のしびれ。10年前より。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S椎間板変性症・椎間板ヘルニア・椎間孔および脊柱管狭窄症の合併・

変形性腰椎症も認めます。椎間板治療としては椎間板容量が50%以下まで低下している

状態である事からDST法の適応と考えます。

有効率は臀部痛に対しては80%前後・下肢の神経障害に対しては73-75%前後と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 4箇所

治療中の画像

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧