• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 強い腰背部痛・臀部痛・左足のしびれに悩む60代男性の腰椎すべり症の治療-DST法

強い腰背部痛・臀部痛・左足のしびれに悩む60代男性の腰椎すべり症の治療-DST法

60代 男性

問合せ内容

2014年に左右臀部の痛みを覚え、近医ではL4腰椎すべり症と診断されました。

ただ、痛みがさほど強くなかった為、激しい運動を控える事と飲み薬による保存治療を続け、

2019年までは1時間ほどの歩行も大丈夫だったが、2019年秋から常時、腰の鈍痛と歩行時に

左足のしびれが出るようになりました。特にしびれは早いときで510分程度の歩行で出現し、

足裏の感覚が無くなり、よろけたり段差を踏み外してしまいそうで日常の移動に非常に不安や

支障が出つつある状態です。

腰椎固定などの手術はできればまだ避けたく、効果が期待できるとの診断であればDST法の

施術を受けたいと考えております。

画像診断結果

主訴

腰背部痛および両臀部痛。左下腿のしびれ。

所見

L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

また、L4腰椎前方すべり症も認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応と考えます。

病名:腰椎すべり症

DST法 3箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
すべり症の治療に関する記事一覧