強い腰痛と左足の痛みに悩む80代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

80代 男性

問合せ内容

以前より腰痛はありましたが、3年ほど前より更に症状が悪化するようになり、昨年からは

両足への痛みも出るようになりました。

歩く事でも痛みがあり、無理して歩くとすぐに痛みで歩けなくなり、暫く休憩すると再び

歩く事ができるようになる間欠性跛行の症状も強くなっております。

他院では腰部脊柱管狭窄症の診断にて薬による治療を実施しておりますが、症状改善も無く

年相応の状態としてこれ以上の対応策は無いと言われております。

毎日、痛みを繰り返しては我慢しているという状況ですので、当院では治療などが可能と

なるのか診て頂きたいと思います。

画像診断結果

主訴

3年前より腰背部痛。昨年より下肢の疼痛も出現。

所見

L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症と椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 3箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧