• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 強い腰痛と両足の疼痛に悩む30代女性の椎間板ヘルニアの治療-PLDD法

強い腰痛と両足の疼痛に悩む30代女性の椎間板ヘルニアの治療-PLDD法

30代 女性

問合せ内容

今年の1月頃より起床時に動けなくなる程の腰の激痛が発生するようになり更に臀部や両足全体の痛み・

しびれなど症状の範囲がどんどん広がり、現在は歩行も非常に辛いです。

近くの病院を受診したところ椎間板ヘルニアと診断され、薬やブロック注射などにて治療しておりますが

一旦は治まってもすぐに悪化する状態です。

将来的な事も考え、現在は外科的手術による治療は考えておりませんので、まずは当院での治療可否など

診断して頂きたいと考えております。

画像診断結果

主訴

腰痛および両坐骨神経領域の疼痛。

107日神経根ブロック注射を実施し、一旦は改善傾向。

所見

L4/5 椎間板変性症と椎間板ヘルニアを認めます。椎間板変性は軽度-中度と見込まれ、椎間板治療としては

PLDD法が良い適応と考えます。有効率は腰痛に対しては概ね82%前後・下肢の神経障害に対しては75-76

前後と考えます。但しリハビリ(体幹トレーニング等)も併せて行う必要があると考えます。

病名:椎間板ヘルニア

PLDD法 1箇所

治療中の画像

PLDD法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧