強い疼痛としびれに悩む80代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

80代 男性

問合せ内容

腰から臀部や両足に掛けた強い疼痛としびれがあり、脊柱管狭窄症と診断されております。

ただ、外科的な手術は困難と言われ、薬による保存的治療を実施しておりますが、改善も

無い状況が続いております。

外科的手術よりも身体への負担が少ないと思われる当院の治療法なら治療できる可能性が

あるかと考え、少しでも症状改善の見込があるなら治療をお願いしたく思います。

画像診断結果

主訴

腰背部から臀部・両下肢にかけての疼痛としびれ。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症と椎間板ヘルニアおよびLCSの合併も認めます。

また、L4腰椎すべり症も認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は73-75%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 4箇所

治療中の画像

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧