強い両足のしびれに悩む70代女性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

70代 女性

問合せ内容

強い臀部痛と両足のしびれがあり、5分ほど歩くと両足がしびれで歩けなくなる間欠性跛行の症状もあります。

他院では脊柱管狭窄症と診断されており、治療としては外科的手術しか方法は無いが手術を受けると悪化する

可能性もあるとも言われております。

外科的手術を望んではいないので、可能であれば当院での治療を検討したいと考えております。

画像診断結果

主訴

臀部痛および両下肢のしびれ。間欠性跛行あり。LCSと診断されている。

所見

L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症と椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は73-80%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 3箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧