左足の強い疼痛に悩む80代女性の椎間板変性症の治療-DST法

80代 女性

問合せ内容

4年ほど前から歩行時に臀部や左足に疼痛や強張りが発生するようになり、年々

症状が悪化してきております。

現在は100m程度で歩けなくなり、日常的な動作も非常に辛い状態です。

他院では脊柱管狭窄症と診断されておりますが、内服薬などによる保存的治療

で様子を見るしかないと言われており、今後もこのまま我慢するしかないのかと

非常に不安です

可能であれば治療を受け、今よりも少しでも緩和できればと考えております。

画像診断結果

主訴

左臀部から左大腿部の疼痛。3~4年ほど前より。

所見

L4/5 L5/S 椎間板変性症と椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

また、腰椎不安定症も認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は73-80%前後と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 3箇所

治療中の画像


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ilclinic/il-clinic.com/public_html/wp02/wp-content/themes/ilc/single-blog.php on line 64