• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 外科的手術後の症状再発に悩む70代女性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

外科的手術後の症状再発に悩む70代女性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

70代 女性

問合せ内容

2年前に腰部脊柱管狭窄症の診断にて外科的手術を実施し、一時的に症状が改善しましたが

その後症状が再発し、今では歩行が困難なほど腰痛や両足の痛み・しびれが出ております。

色々な病院へ行き、薬の服用やリハビリ、コルセット着用など色々と実施しましたが、

改善が無く、日々症状が悪化している状態です。

再度の外科的手術など他の治療ならするつもりは無いので、DST治療が適応であれば

予約したいと考えております。

画像診断結果

主訴

腰背部痛および両坐骨神経領域の疼痛としびれ。

2年前に脊柱管狭窄症の診断にて外科的手術を施行され症状改善。

その後症状が再発し、歩行困難な状態。

所見

L12 L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板容量は減少しており、造影検査を行いますが恐らく線維輪損傷が証明される可能性が高く

DST法の適応になると判断します。

DST法の有効率は、腰痛に対しては約80%前後・下肢の神経障害に対しては約7375%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 5箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧