• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 外科的手術後の症状再発に悩む70代女性の椎間板変性症の治療-DST法

外科的手術後の症状再発に悩む70代女性の椎間板変性症の治療-DST法

70代 女性

問合せ内容

30年ほど前に椎間板ヘルニアの診断にて外科的手術を受け、調子は良かったのですが

ここ1年ほどで足裏の違和感が発生するようになり、以降は両足の坐骨神経痛の症状や

臀部のしびれ・両膝から下の違和感など手術前の症状が常に再発してきている状態です。

身体への負担も少なく日帰りで受ける事ができる当院の治療を知り、治療ができるので

あれば受けたいと考えております。

画像診断結果

主訴

両坐骨神経領域の疼痛と両足底部のしびれ

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症と椎間板ヘルニアおよびLCSの合併も認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は73-75%前後と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 4箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧