• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 外科的手術後の症状再発に悩む60代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

外科的手術後の症状再発に悩む60代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

60代 男性

問合せ内容

5年前に脊柱管狭窄症の診断にて外科的手術を実施し一時的に改善しましたが、最近になり

症状が再発しております。

現在は両足のしびれが以前にも増して強く出ている為、今後に向けて非常に不安があります。

これ以上悪化する前に治療を検討したいと考えております。

画像診断結果

主訴

両下腿以下のしびれ。除圧術後。

5年前にLCSに対して内視鏡下除圧術を施行。

所見

L4/5除圧術後、L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応なり、有効率は73-75%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 3箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧