• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 外科的手術後の症状再発に悩む60代男性の椎間板変性症の治療-DST法

外科的手術後の症状再発に悩む60代男性の椎間板変性症の治療-DST法

60代 男性

問合せ内容

10年ほど前より腰痛と両足にしびれが出るようになり、L5/椎間板ヘルニアの診断にて

PELD手術を実施しました。

多少は症状緩和しましたが、年々再発するようになり、昨年も何度もブロック注射等で

対処しましたが、当日しか症状が治まらない状態となっております。

今後の治療としてはボルト6本での固定術を勧められておりますが、固定術は避けたい

と考えていたところ当院の治療法を知り、可能であれば治療したいと考えております。

画像診断結果

主訴

右腰背部痛および両下肢の疼痛・しびれ。

10年前にPELD施行。

所見

L1/2 L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併も認めます。

椎間板治療としては椎間板容量が減少している状態でありDST法が適応となります。

有効率は腰痛に対しては80%前後・下肢の神経障害に対しては73-75%前後と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 5箇所

治療中の画像

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧