• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 外科的手術実施後も症状改善が無い70代女性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

外科的手術実施後も症状改善が無い70代女性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

70代 女性

問合せ内容

激しい腰痛や両足の疼痛・しびれの症状があり、近くの病院では椎間板ヘルニアの診断から

外科的手術を実施しましたが、症状が改善せず現在は脊柱管狭窄症も診断されております。

再度の外科的手術は考えておらず、当院の治療法にて症状改善の可能性があるなら治療を

したいと考えております。

画像診断結果

主訴

腰背部痛。両坐骨神経領域の疼痛。

外科的手術後であるが改善を認めず、現在LCSの診断もある状態。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症と椎間板ヘルニアならびにL2/3 L3/4では黄色靱帯の肥厚から

LCSの合併も認めます。

L2/3 L3/4では椎間板容量が50%以上低下している状態である事から、線維輪損傷が強く疑われます。

椎間板治療としては造影検査による確認も行いますが、恐らくDST法が適応と考えます。

有効率は腰痛に対しては80%前後、下肢の神経障害性疼痛に対しては73-80%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 4箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧