• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 外科手術後の症状再発に悩む70代女性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

外科手術後の症状再発に悩む70代女性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

70代 女性

問合せ内容

他院で脊柱管狭窄症の診断にて外科手術を実施以降、椅子に座る時や腰を伸ばした時に坐骨神経痛が強く発生しております。

特に右大腿部前面の痛みが酷く、強い間欠性跛行により歩行もできなくなってきた為、近医を受診したところ椎間板が起因

しているとの事で近々、脊椎固定術を実施予定となっております。

ただ、固定術はリスクも非常に高いので、できれば他の治療法を検討していたところ、ILCの椎間板治療を見つけました。

もし治療が可能であれば当院での治療を受けたいと考えている。

画像診断結果

主訴

腰背部痛および両下肢の疼痛としびれ。

昨年8月にLCSの診断にて除圧術施行後。

所見

L3/4 L4/5 L5/S椎間板変性症・椎間板ヘルニアを認めます。

またLCS術後のFBSS(脊椎手術後痛症候群)も認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は75%前後と考えます。

病名:椎間板ヘルニア

DST法 3箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧