• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 外科手術後の症状再発に悩む50代男性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

外科手術後の症状再発に悩む50代男性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

50代 男性

問合せ内容

4年半前にヘルニアにてLOVE法(椎間板切除術)を実施し、暫くは症状改善しましたが

今年に入りぎっくり腰を繰り返すようになっております。

現在は、腰から臀部にかけた痛みや左下肢全体の疼痛・しびれ・冷感なども強く出ている為、

当院の日帰り治療を検討しております。

画像診断結果

主訴

右臀部痛。

椎間板切除術後、急性腰痛症を繰り返している。

所見

L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアを認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応と判断します。

DST法の有効率は、腰痛に対しては80%前後・下肢の神経障害に対しては73-75%前後と考えます。

病名:椎間板ヘルニア

DST法 2箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧