固定術後も再発に悩む70代女性の椎間板変性症の治療-DST法

70代 女性

問合せ内容

13年前に脊柱管狭窄症の診断にて固定術を実施し、少しだけ症状緩和しましたが、

今年に入り症状が再発してきております。

現在は腰背部に常に激痛が発生しており、立っていても座っていても辛い状態です。

再度の治療を検討しておりますが、外科的手術はもう避けたいと考えております。

当院で診察して頂き、可能であれば治療も検討しております。

画像診断結果

主訴

3年前にLCSに対してPLIF施行。

手術後も腰背部痛および足指のしびれ等も残存。現在は主に腰背部の激痛。

所見

L3/4 L4/5 L5/S 固定術後、L1/2 L2/3 椎間板変性症・椎間板ヘルニアを認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は73%前後と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 2箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧