• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 右足の強い疼痛・しびれに悩む70代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

右足の強い疼痛・しびれに悩む70代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

70代 男性

問合せ内容

昨年9月頃より右足にしびれが出るようになり、徐々に痛みやしびれが強くなっております。

現在は痛み・しびれも非常に強く、歩行時も痛みから前屈みにならないと辛い状態です。

他院ではL2/3 L3/4 L4/5の椎間板が潰れており、脊柱管狭窄症の診断にて外科的手術しか

治療法は無いと言われております。

身体への負担や再発リスク等の不安から外科的手術は望んでおりませんので、もし当院での

治療が可能なら検討したいと考えております。

画像診断結果

主訴

昨年9月頃より右坐骨神領域のしびれが出現。

外科的手術の提案をされている。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよび一部LCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 4箇所

治療中の画像

 

 

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧