朝起きづらいことに悩む40代男性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

40代 男性

問合せ内容

他院にてヘルニアと診断。左足の痺れ、腰全体が痛く、朝が起きづらい

画像診断結果

左坐骨神経領域のしびれと疼痛 椎間関節障害も疑われる。
DST適応 L3/4 L4/5 L5/S 3カ所のDST適応
有効率は下肢の神経障害に対しては73-75%前後

診断結果

主病名:椎間板ヘルニア 椎間板変性症

治療方法

DST 2箇所

DST法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧
治療症例に関する記事一覧