• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 両足の強い痛み・しびれに悩む70代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

両足の強い痛み・しびれに悩む70代男性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

70代 男性

問合せ内容

20年ほど前に脊柱管狭窄症と診断され、今まで保存療法で対応してきましたが、

最近になり腰から臀部・両足全体にかけて痛み・しびれが強くなり、歩行も非常に

辛いです。特にいずれも右側に強い症状が出ております。

また間欠性跛行も強く、100m程度歩くと休まないと歩けなくなるので日常生活にも

大変不便しております。

もし当院での治療が適応でしたら治療を受けたいと考えております。

画像診断結果

主訴 

腰背部痛および両坐骨神経領域の疼痛としびれ

所見

L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症と椎間板ヘルニア及びLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は73%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 3箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧