• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 両足の強い疼痛としびれに悩む70代女性性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

両足の強い疼痛としびれに悩む70代女性性の脊柱管狭窄症の治療-DST法

70代 女性

問合せ内容

以前より脊柱管狭窄症と診断されておりましたが、最近になり両足の強い疼痛・

しびれにより歩行も困難な状態となっております。

他院では外科的手術を提案されておりますが、手術のリスクが高い事もあり、

非常に悩んでおります。

リスクが少ない当院での治療が可能であれば検討したいと思っております。

画像診断結果

主訴 

3ヶ月ほど前より下半身の倦怠感と疼痛・しびれも伴っている状態。

LCSの診断があり、外科的手術も検討されている。

所見

L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性と椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は73-80%前後と考えます。

病名:脊柱管狭窄症

DST法 3箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
脊柱管狭窄症の治療に関する記事一覧