• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • 両足の強いしびれ・痛みに悩む70代男性の腰椎すべり症の治療-DST法

両足の強いしびれ・痛みに悩む70代男性の腰椎すべり症の治療-DST法

70代 男性

問合せ内容

半年ほど前に腰を捻ってから以降、両足に痛み・しびれが出るようになり、

近医では腰椎すべり症と診断されております。

現在は痛み止め薬の内服などで対処しておりますが、症状も改善が無く、

特に起床時の針を刺すような痛みが一番辛いです。

ただ、近医では保存的治療で様子を見るしかないと言われておりますので、

もし当院で治療可能で、少しでも改善の見込みがあるなら治療も希望します。

画像診断結果

主訴

両坐骨神経領域の疼痛としびれ。

所見

L1/2 L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

また、L3腰椎前方すべり症も認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は約73%~75%前後と考えます。

病名:腰椎すべり症

DST法 5箇所

治療中の画像

 

 

DST法について詳しくはこちら
すべり症の治療に関する記事一覧