両足の強いしびれに悩む70代女性の椎間板変性症の治療-DST法

70代 女性

問合せ内容

常に両足全体と足裏に痛みがあり、10年ほど前には脊柱管狭窄症の診断にて

以降、薬による保存的治療を継続しておりますが殆ど改善が無く、むしろ年々

悪化しております。

寝ていても立っていても辛く、日常生活にも支障がありますが、外科的手術は

避けたい事もあり、当院での治療を検討しております

画像診断結果

主訴

右下肢痛および両足底部の神経障害性疼痛。

10年ほど前に脊柱管狭窄症の診断あり。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症および椎間板ヘルニアを認め、黄色靱帯の

肥厚からLCSの合併も認めます。

椎間板治療としては造影検査も行いますが、恐らく線維輪損傷が証明されると

考えますのでDST法が適応になる可能性が高く、有効率は73-75%前後と考えます。

病名:椎間板変性症

DST法 4箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧