両足の強いしびれに悩む60代男性の椎間板ヘルニアの治療-DST法

60代 男性

問合せ内容

10年ほど前より軽い足のしびれが始まり、1年ほど前からは更にしびれが酷くなり、

数分間歩くと休まないと歩けなくなる事も出てくるようになりました。

他院では脊柱管狭窄症と診断され、薬物治療や注射もしましたが改善が無い状態です。

可能であれば、当院のDST治療を行いたいと考えております。

画像診断結果

主訴

両坐骨神経領域の疼痛としびれ

所見

L2/3 L3/4 L4/5 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は73-75%前後と考えます。

病名:椎間板ヘルニア

DST法 3箇所

治療中の画像

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧