ブロック注射も効果が無い50代男性の椎間板の変性症治療-DST法

50代 男性

問合せ内容

4年ほど前より左足の痺れや左臀部痛が出現するようになり、臀部痛・下肢しびれに加えて、

少し動くと腰部痛も出現するようになりました。しかし、30分程度横になると痛みが取れ、

あまり痛みも強くなかったのですが、その時は椎間板ヘルニアとすべり症と診断されました。

以降、2年間ほど鎮痛剤の内服や神経根ブロック注射などで通院しましたが症状は改善せず、

むしろ年々症状が悪化した為、他の病院等も受診しましたが様子をみたほうがいいと言われ、

そのまま今は整骨院に通っておりますが、殆ど改善が無い状態です。

痛みも強いので、治療が可能なら検討したいと考えております。

画像診断結果

主訴

腰背部痛および臀部痛。4年ほど前より左記症状出現。

下肢のしびれも自覚あり。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となります。

病名:椎間板変性症

DST法 3箇所

治療中の画像

 

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板変性症の治療に関する記事一覧