• ホーム/
  • ILCのブログ/
  • ブロック注射による治療も効果が無い60代男性の椎間板変性症の治療-DST法

ブロック注射による治療も効果が無い60代男性の椎間板変性症の治療-DST法

60代 男性

問合せ内容

以前より腰痛と両足の痛み・しびれはありましたが、2ヶ月ほど前より急激に症状が

悪化してきており、日常動作にも影響が出てきております。

近医では椎間板ヘルニアと診断され、数度のブロック注射で対処して頂きましたが

改善しない状態が続いており、非常に辛いです。

早期での治療が可能なら受けたいと考えております。

画像診断結果

主訴

腰背部痛および右坐骨神経領域の疼痛としびれ。

所見

L2/3 L3/4 L4/5 L5/S 椎間板変性症・椎間板ヘルニアおよびLCSの合併を認めます。

椎間板治療としてはDST法が適応となり、有効率は腰痛に対しては約80%前後・

下肢の神経障害に対しては約7375%前後と考えます。

病名:椎間板ヘルニア

DST法 4箇所

治療中の画像

 

 

 

DST法について詳しくはこちら
椎間板ヘルニアの治療に関する記事一覧